臨床検査とは一体何をするのでしょうか?

>

検査の種類はどんなものがあるの?

「検体検査」と「生体検査」

臨床検査には大きく分けて、人間の体から排出される尿・便などや体内を循環する血液や髄液、また体を形成する細胞や臓器などを調べる「検体検査」、心電図や脳波、超音波や呼吸機能検査などで調べる「生体検査(生理機能検査)」の2つがあります。

簡単に説明すると、検体検査は、患者から取り出した材料(検体)で行う検査であり、生体検査(生理機能検査)とは、患者の身体に直接触れて行う検査のことです。患者の身体に直接触れて行う検査と聞くと、わかりづらいかもしれませんが、「心電図検査」「超音波検査」「呼吸機能検査」「脳波検査」「神経検査」などがあげられます。

それらは病院や診療所、検診施設、登録衛生検査所などで行われており、国家資格である「臨床検査技師」や臨床検査専門医と呼ばれる医師が行っています。

では、「検体検査」「生体検査(生理機能検査)」について簡単に説明したところで、次はそれらの中身を詳しく見ていきましょう。

細かな種類

先ほど臨床検査には、大きく分けて「検体検査」と「生体検査(生理機能検査)の2つがあるとお話ししましたよね。

実は、それら2つの中にも細かな検査の種類が様々あるのです。今度はそれらについてわかりやすく説明していきたいと思います。

検体検査にはいろいろな種類があります。例えば、一般検査と呼ばれ、尿や便などの体液を取り扱うものや赤血球や白血球などの細胞成分や細胞性成分を取り除いた血漿成分を検査する血液検査のほか、ある感染症がどんな微生物によって引き起こされるのかを調査し、そしてその治療に効力のある抗生物質を決めるために行う細菌検査などがあります。他にも血液型を調べたり、輸血が可能かどうかを調べる血液検査や血清などを化学的に分析する生化学検査などもあります。

次に生理検査ですが、その種類として、心電図検査や脳波検査、超音波検査などがあります。