臨床検査とは一体何をするのでしょうか?

臨床検査について知ろう

臨床検査って一体何?

臨床検査は、みなさんが今まで経験したことのある病院での採血や検尿であることがわかりました。 今まで馴染みのない言葉だったあなたも「大きく自分に関係しているものだった!」「身近にあった!」と親近感がわいてきた所ではないでしょうか。 ここでは「臨床検査の目的」についてわかりやすく紐解いていきたいと思います。

「臨床検査」は何のためにあるの?

みなさん、「臨床検査」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
「なんとなく耳にしたことはあるけど、それが何なのかは知らない…」「そもそも今初めて聞いた…」「詳しい内容は知らない…」というような方が、多いのではないでしょうか。

日常生活の中ではあまり馴染みのない言葉かもしれません。
そもそも私たちの日常に何か関係あるの?と思う方もいるだろうと思います。

いえいえ、「臨床検査」はみなさんに大きく関係しているものなんです!
では、私たちの生活にどのように関係しているのでしょうか?

みなさん、病院で採血や検尿をした経験がありませんか。実はまさにそれが臨床検査なのです。風邪をひいたり、体調が悪くなると私たちは医者にかかりますよね。そんな時、病気の診断や治療、検診に登場するのが臨床検査です。またスポーツや献血時、健康診断などでも行われています。

そうです、意外と身近にあるものなんです!あらゆる場面で臨床検査は行われているんですね。

とは言っても、まだあまり想像がつかないですよね。病院で採血したことがある、検尿をしたことがある...でもそれが「臨床検査」ってどういうこと?とまだまだ疑問はわいてくるばかりかもしれません。

一体、臨床検査がどのようなものなのか、どんな種類や方法があるのか、どこで行われているのか、また何のために行われるものなのか、そしてその検査は誰がしているのかをわかりやすく説明していきたいと思います。

検査の種類はどんなものがあるの?

さて、臨床検査がどのようなものなのか、みなさんわかってきたところではないでしょうか。 ここからは更に詳しく臨床検査について説明していきたいと思います。「臨床検査」とひとくくりに言っても、その種類や内容は様々です。次は、臨床検査の種類についてわかりやすくお話ししていきますね。

誰が行っているの?

「臨床検査」がみなさんの日常生活の中に意外と身近にあること、またその検査の種類や内容もだんだんとわかってきましたよね。では、その検査は誰が行っているのでしょうか?実は「臨床検査技師」と呼ばれる職業の方たちが行っているのです。次は、その臨床検査技師について説明していきたいと思います。